今月の記事に戻るわたなべ歯科・小児歯科  今日の診察室編集
このページは、わたなべ歯科・小児歯科の日々の診療日記です。
毎日の更新を目指しております。
2018年
12月
 2018年12月9日(日)   ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)はどこから?
歯周病菌の親分は、ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)です。

このPg菌、日本人の成人の65%以上が感染しています。

そして、感染するのはだいたい18歳以降だそうです。

では、Pg菌はどこからやってくるのか?

これは、「唾液を介した経口感染」です。

@親しい友人から
A食べ物から(直箸)
Bペットから
▲top
 2018年12月6日(木)   歯周病菌
私が学生の頃は、

歯周病菌は300種類ぐらいあると学びました。

しかし今では、800種類を超えると言われています。

その中でも極悪御三家が、

Treponema denticola トレポネーマ・デンティコーラ

Porphyromonas gingivalis ポルフィロモナス・ジンジバリス

Tannerella forsythia タネレラ・フォーサイシア

です。

この御三家の親分は、ポルフィロモナス・ジンジバリス(Pg菌)です。

▲top
 2018年12月5日(水)   歯周病とは

歯肉炎が歯ぐきだけの炎症だったのに対して、

歯周炎は歯槽骨まで冒された状態です。

歯周病菌が出す毒素で歯周組織が破壊され、歯周ポケットが深くなり、

プラークや歯石がよりたまりやすくなっています。

歯槽骨まで炎症が波及し、歯槽骨の破壊が始まっています。

炎症がなくなっても、歯周組織は完全に元の状態には回復しません。
▲top
 2018年12月4日(火)   歯周病とは


歯周病は、「歯肉炎」と「歯周炎」に分かれています。

歯肉炎とは歯ぐきだけが腫れた状態のことを言います。

歯ぐきの溝(歯周ポケット)にプラークが溜まり、

歯周病菌の毒素で歯ぐきが腫れているのです。

歯を支えている歯槽骨は、破壊されておらず、

歯ぐきの炎症がなくなると、もとどおりの歯ぐきに戻ります。

▲top
 2018年12月3日(月)   ベストスマイル・オブ・イヤー2018
今年のベストスマイル・オブ・イヤー2018の「最も笑顔が輝いた著名人」に

女優の浜辺美波さんと俳優の桐谷健太さんが選ばれました。

妻に言わせると、

「桐谷健太さんか・・・。う〜ん、どうもイメージが違うような。」

どうもどこかのCMの3太郎のイメージが強すぎるような。

ニッコリと笑っても、豪快に歯が見えすぎて、「スマイル〜」って感じではないような。
▲top
 2018年12月2日(日)   年末年始のお休み


もう12月です。

今年もあっという間でした。

年末年始のお休みですが、

12月29日(土)午後から1月4日(金)まで休診いたします。

お口の中で気になることがありましたら、

お早めにご連絡ください。
▲top
 2018年12月1日(土)   今度の切り絵
また待合室の切り絵を後藤さんが交換しにいらっしゃいました。

いつもありがとうございます。

いつも思うのですが、じっと眺めていても「切り絵なん?」と思ってしまいます。

絵画か写真か?

かなり製作には時間がかかるのでしょうね。
▲top