今月の記事に戻るわたなべ歯科・小児歯科  今日の診察室編集
このページは、わたなべ歯科・小児歯科の日々の診療日記です。
毎日の更新を目指しております。
2018年
10月
 2018年10月17日(水)   「何でも噛んで食べられる」
「何でも噛んで食べられますか?」

とお聞きすることがあります。

動揺する歯がある方は、かなりの確率で「いいえ」とお答えになります。

平成29年国民健康・栄養調査では、「何でも噛んで食べられる」と答えた方は、

60歳代から大きく減少しています。

これは、歯周病がかなり進行して、噛みにくくなってきているからかもしれません。
▲top
 2018年10月16日(火)   切り絵
「趣味の押しつけはあかんのんやけど・・・。」

「いえいえ、いつもありがとうございます。」

今月も後藤さんが切り絵の交換にいらっしゃいました。

殺風景な待合室に・・・。

今月は、ネコ。

どんな意味があるんだろう?

また聞いてみます。
▲top
 2018年10月14日(日)   眉毛の役割?
眉毛の役割って考えたことありますか?

基本的に眉毛って人間にしかないようです。

眉毛は機能的には額から落ちる雨水や汗が

目に入らないようにする役割を担うそうです。

他方で、眉は人の表情を作る重要な役割を担っており、

それによるコミュニケーションにおいても重要な役割を果たしているようです。

「眉をひそめる」「眉を上げる」など、眉で表情を表すことがありますもの!!

▲top
 2018年10月11日(木)   幼稚園の歯科検診
秋の幼稚園の歯科検診に行ってきました。

春の検診から4カ月。

残念ながら、虫歯は増えておりました。

そして、重症化しておりました。

春の検診で「虫歯がありますよ!」と言われても、

そのままになっているのでは・・・?

その虫歯の隣に、きれいな永久歯が・・・。

きれいで、幼弱な永久歯が虫歯になるのは、あっという間です!
▲top
 2018年10月9日(火)   指しゃぶりって大切?
指しゃぶりって、お母さんの悩みの種だったりします。

胎生期には、原始反射というものがあります。

口のそばに何かを持っていくと、それを吸おうとする反射です。

その原始反射がなくなるころ、指しゃぶりが始まるのです。

口の中に色々なものを持っていくことで、

口の周りの感覚はどんどん発達していくのです、指で物を触るように・・・。

したがって、脳に障害を持った赤ちゃんは指しゃぶりをしません。
▲top
 2018年10月3日(水)   草の根
ここのところ翌雨が降ります。

雨が降ると、どんどん草が大きくなります

毎朝少しずつではありますが植え込みの草抜きをしています。

いつも思うのですが、

「草の根って、いろいろなものがあるなあ。
 
 さっと抜けるものもあれば、力をいれないと抜けないものも。
 
 そして、力を入れると、茎が切れてしまうものも・・・。」

 これは私たちの歯によく似てるのでは。

 しっかりと根をはっているものもあれば、ストンとしたものも・・・。」
▲top