今月の記事に戻るわたなべ歯科・小児歯科  今日の診察室編集
このページは、わたなべ歯科・小児歯科の日々の診療日記です。
毎日の更新を目指しております。
2018年
1月
 2018年1月16日(火)   ご冥福をお祈りいたします

「小児歯科医院で虫歯治療、2歳女児が2日後に死亡」

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180115-00000048-jnn...

痛ましい事件です。

いろいろと思うところはあります。

が、山口叶愛ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
▲top
 2018年1月8日(月)   「ザ・世界仰天ニュース!」
皆さん、中居くんと鶴瓶が司会をしている

「ザ!世界仰天ニュース!」ってご存知ですか?

今回、「口腔がん」の記事が放映されます。

●1月9日(火)21:00〜、日本TV
 ↓↓↓↓↓
 http://www.ntv.co.jp/gyoten/

ある28歳の女性の美しい顔は、右半分が大きく膨れ上がり変形していた。

2年前まで彼女の顔に異変はなかったという。   「最初は虫歯だと思った」と言うラタナポンさん。

しかし、それは死亡率46%という恐ろしい病だった...

口腔がんの怖さと予防の周知のきっかけにして頂けばと思います。
▲top
 2018年1月5日(金)   今日から始まりです

今日から今年の診療の始まりです。

さすがに休み明けということで、急患も多くて・・・。

そして、スタッフも1人「寿退社」をして、人数が少なくなりました。

元気のいい、一緒に頑張ってくれるスタッフを現在募集中です。

ご連絡を待っています!
▲top
 2018年1月2日(火)   冷たい水がしみていませんか?
歯がしみるのは、どうしてでしょう?そのメカニズムを解説していきます。

大まかにいうと、歯は外側から順に、エナメル質、そして象牙細管を持った象牙質、最後に歯髄神経という構造になっています。

なんらかの原因でエナメル質が傷ついたり剥がれたり薄くなったりすることで、内部の象牙質が露出することがあります。
すると冷たいものや歯ブラシなどの外的刺激を受けることで、象牙細管を通して歯髄神経さらに脳に伝わり、「キーーーーーン!」としみてしまうのです。
▲top
 2018年1月1日(月)   新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。

今年も、「食べることは生きること」を念頭に、頑張ります!

今年も正月から、餅をのどのつかえさせて救急搬送されるというニュースが。

その予防には、お餅を小さく切るということも重要ですが、

口の中を湿らせるということも。

ひとくちのお水を飲んでいると、口の中にお餅が引っ付きにくい飲み込みやすいからです。

もっといいのは、しっかりと噛んで、お餅を小さくするとともに唾液をたくさん出すことでしょう。それは、「食べること」の基本です。
▲top